Stonewall's Last Battleのシナリオ「Brandy Station」を対面でプレイしました。僕は南軍を担当し、ゲーム終了までに要した時間は約90分でした。

[[&ref(http://farm3.static.flickr.com/2154/2205582569_9ba6484601.jpg,nolink,Stonewall's Last Battle by Toshi Takasawa, on Flickr);:http://www.flickr.com/photos/22264692@N00/2205582569/]]

[[&ref(http://farm3.static.flickr.com/2140/2206368420_4249234c34.jpg,nolink,Stonewall's Last Battle by Toshi Takasawa, on Flickr);:http://www.flickr.com/photos/22264692@N00/2206368420/]]

北軍はシナリオ特別ルールに従ってBevery FordでRappahannock川を渡ろうと試みましたが、2回おこなわれた騎兵突撃はいずれも両軍がDとなり、渡河は失敗に終わります。一方、行く手を遮るもののないKelly's Fordを渡った部隊は、早速Martinsburgを通過して1VPを得点します。

北軍はその後、Bevery Fordを渡ることに成功したものの、そこで力尽きてしまい、南軍のStuartの反撃によって再び対岸へと押し戻されてしまいます。ここで北部における戦闘はほぼ終結した形となりました。

しかし、Kelly's Fordを渡った北軍はさらに西へと部隊を進め、ついにはCulpeperに隣接することに成功します。これで2VPを得点した北軍は、南軍がFleetwood Hillを占領していることによる-1VPを勘案しても最低限の勝利を得られる状態となりました。

ここで北軍を不運が襲います。Culpeperに配置されたMcLowsの歩兵師団が動いたのに対して騎兵退却したGreggの騎兵旅団が、騎兵退却で1ステップを失ったのです。StevensburgとCulpeperでVPを得点してしまった北軍がこの1VPを奪回するには、戦闘で勝利を収めるか、Fleetwood Hillを奪取するしかなくなってしまいました。

Culpeperから動いたMcLowsが順調に前進し、Fleetwood Hillに進入してしまった時点で、北軍の勝利への道は事実上閉ざされてしまい、南軍が最低限の勝利を収めてゲームは終了しました。

|RIGHT:||c
|+1|Stevensburg|
|+2|Culpeper|
|-1|Fleetwood Hill|
|-1|北軍損害|
|+1|南軍最低限の勝利|f

* 感想 [#e3b2efd0]

** 今回のプレイについて [#r6b3589c]

先にも書いたとおり、今回の勝敗を分けたのはCulpeperにおいて北軍が騎兵退却に失敗したことでした。

北軍の騎兵ユニットがCulpeperに隣接してアクションを終えた後、南軍がイニシアティブを取り、特別ルールで移動力がダイス1個から1を引いた値になるMcLowsが攻撃できる移動力を持ち、なおかつ騎兵退却でステップロスが生じる確率は5パーセント強に過ぎず、短いシナリオであるが故に1回の不運が勝敗を決してしまうのはやむを得ないかな、と感じます。

短いシナリオですから、もう1回プレイすればよいのですし(事実、この後すぐに、担当を入れ替えてもう1戦しました)。

** シナリオについて [#nc0908cd]

この「Brandy Station」はとても面白いシナリオだと思います。1ターンで終わり、短時間でゲーム終了までプレイできるため、初めてGCACWシリーズをプレイする方にも適しています。

しかし、僕はこのシナリオは、何度かGCACWシリーズをプレイするまでプレイすべきではないと考えます。

GCACWシリーズにおいて、騎兵は歩兵のおよそ2倍のスピードで移動します。この速さの違いを実感するには、まずは「GCACWシリーズにおける歩兵の速度感」のようなものを知っておいた方が面白いと思うのです。

そして、歩兵中心のシナリオにおける「ヘクスの占領や支配を軸にした勝利条件」を体感した後で、このシナリオにおける「ヘクスを通過したり、ヘクスに隣接するだけでVPを得点できる勝利条件」を味わった方が、歩兵と騎兵の役割の違いのようなものを感じることができるようにも思うのです。

もちろん、どんな順番でプレイしたとしても、このシナリオの面白さが失われることはないと思いますが。。。

* コメント [#iecdc9c8]

#comment_nospam