Stonwall's Last Battleの上級ゲームシナリオ「Certain Destruction Awaits...」を対面でプレイしました。セットアップに約1時間を要した後、約5時間かけて第2ターン終了時まで進めることができました。筆者は南軍担当です。

第1ターン

ランダムイベントは「南軍補給の遅延」でしたが、ゲーム開始時は両軍共に弾薬を目一杯もっていますので、何の影響もありませんでした。

最初のイニシアティブを取った南軍は、北軍が初手で「翼部隊の統合」を達成しないよう、Andersonの1個旅団を分割して道を塞ぎました。その後、連続してイニシアティブをとった北軍は、MeadeとCouchの軍団でChancellorsville付近にいる南軍の歩兵2個旅団を敗走させ、Tabernacle Church付近まで部隊を進めます。

クリックすると大きな画像が表示されます

続いて北軍はKelly's Ford付近の2個軍団(Slocum、Howard)をChancellorsvilleに進めると共に、左翼からSicklesの1個軍団を引き抜いて右翼へと移動させ、南軍を囲む環の大きさを徐々に狭めていきます。

クリックすると大きな画像が表示されます

Andersonの師団のほぼ全体が敗走し、他の歩兵部隊は移動制限で動けない南軍は、CulpeperにいるWH Leeの騎兵旅団をWarrentonに向けて動かしました。集積所への襲撃を警戒した北軍は騎兵2個旅団でこれに対応し、WH Leeが致命的な場所へと動くのを妨害します。

クリックすると大きな画像が表示されます

WH Leeの襲撃行がひと段落した後、北軍は南軍の包囲をさらに狭めていきました。先鋒を担うMeadeがSalem Churchへと前進し、Banks Fordを守るWilcoxを攻撃します。しかし、この戦闘はダイスが1対6であったため、南軍の勝利におわります。

北軍がSalem Churchに入ったことにより、Jacksonの移動制限が解除されました。Jacksonは歩兵1個師団半を連れてMeadeを逆に包囲する位置に進出しました。しかし、北軍のSlocumがさらにJacksonを包囲する位置を確保。その後に先手をとったSlocumがJacksonの背後を襲い、Jacksonはたまらず後退しました。

クリックすると大きな画像が表示されます

第2ターン

ランダムイベントは「北軍兵站の遅延」。

このターンに先手を取った北軍は、再びMeadeにBanks Fordを攻撃させました。1回目の戦闘のダイスは再び1対6だったものの、続けておこなわれた攻撃によってWilcoxはついにBanks Fordの放棄を余儀なくされます。

しかし、この攻撃で疲れたMeadeの軍団をJacksonが襲い、大きな戦果をあげます(7MVの損失)。さらにJacksonは、Chancellorsvilleから前進してきたHowardの軍団との戦闘にも勝利しました。

クリックすると大きな画像が表示されます

Jacksonが2個師団半を率いて北軍の右翼に当たっているものの、Fredericksburg周辺の南軍陣地は依然として強固でしたが、唯一要塞の構築が完了していないSmithfieldに対して北軍は突撃を敢行しました。しかし、この攻撃で北軍は約2500人(5MV)の損失を出し、一方的に敗北しました。

プレイするための時間がなくなったため、ここでゲームを終了しました。勝利ポイントは次のとおりでした。

+6南軍実質的勝利
+2北軍騎兵1個旅団がマップを退出
+3Chancellorsville
+14Rappahannock川以南に北軍歩兵7個軍団
-20北軍の損失
+7南軍の損失

感想

この後、仮に南軍が1MVの損失も出さず、全軍をマップ端から退出させることができた場合、北軍は16VPを得点できますので、最低限の勝利に必要な23VPを何とか得点できることになります。ゲームを続ける場合、南軍は全軍退却を基本方針としつつ、不用意に前進してきた北軍を叩いたり、集積所を襲撃したりして勝利を決定づけていく戦略を取ったのではないかと考えています。GCACWシリーズの退却戦は非常に燃えるシチュエーションなので(部隊を協調させて後退することが難しいのです)、どんな展開になったかは興味深いです。

序盤に北軍がWildernessを抜けて前進してくる作戦は、南軍にとって大きな脅威でした。直径10ヘクスに満たない範囲に押し込められることによる圧迫感から、何度も好ましくない判断をしてしまいそうになりました。周囲から「随分押されてますねぇ」という種類のコメントをもらうたびに「いやぁ」と笑いながらもハラハラしていたのは内緒です。

しかし、ひとたび南軍の移動制限が解除されてしまえば、北軍はあまりに弱体です。南軍はJacksonとLeeの能力によって、兵力が同等の敵に対してでも+5のダイス修整を適用することができます(戦術 +3、Lee +1、突撃 +1)。北軍が迅速な前進と部隊の集結のどちらを優先するかはとても重要な決断になるように思います。

部隊の集結を優先した結果、南軍が更なる優位を持つ森林での戦闘を強いられてしまうことが良い判断であるのかどうかは分かりません。しかし、Fredericksburgの陣地にいた南軍がその日の内に攻撃してこれる場所まで前進した北軍が撃退されてしまった今回のプレイを見ると、南軍が攻撃をおこなうには部隊を二分しなければならないChancellorsvilleに陣地を築こうとしたHookerは、それほど悪い判断をしていなかったのではないかと考えてしまいます。

コメント



Last-modified: 2014-10-13 (月) 10:52:25 (1826d)