Stonewall In The Valleyの上級ゲームシナリオ「The Shenadoah Valley Campaign」を対面でプレイしました。プレイは2回のゲーム会にわたっておこなわれ、プレイの所要時間はおおよそ12~13時間程度だったように思います(きちんと記録していなかった。。。)。筆者は北軍をプレイしました。

1~25ターン

第3ターンにWinchester (1) を放棄してStrasburg (2) へと退却した南軍に対し、北軍はStrasburgに圧力をかけつつFront Royal (3) を5ターンに占領しました。

南軍はその後、第6ターンにStrasburgも放棄し、兵力を増強すべくRockingham郡 (4) に退却します。北軍は2個旅団のみを撤退させ、残りの7個旅団を用いてStrasburg、Front Royal、Winchester、そしてWilliamsport (5) に塹壕を構築し、Frederick、Berkerey、Shenandoah、Warren郡の保全を試みます。

北軍はその補給限界がFredericks郡とWarren郡であったため、Strasburgを超えて大きく前進することは避けましたが、Rockingham郡の南軍と距離が大きく開いてしまうことにより、「指揮の停滞」が生じたときにまったく動けなくなってしまうことを避けるため、いくつかの騎兵部隊を南軍の近くまで前進させました。しかし、南軍がこの騎兵部隊に隣接してきた際に騎兵退却に失敗し、騎兵2ユニットが壊滅してVPを献上することになりました。

5回おこなわれた戦略イベントは、戦略マーカーの前進が3回、小康状態が1回、そして南軍の増援が1回でした。

ここまでのVP

+64合計
+15Frederick郡 (5~25ターン)
+10Warren郡 (5~25ターン)
+12Shenandoah郡 (10~25ターン)
+18北軍が5ターンに6MVを撤退
+15北軍が10ターンに6MVを撤退
-6北軍損失

クリックすると大きな画像を表示します

26~50ターン

北軍は引き続き部隊の撤退をおこなわず、Strasburgの南で陣地の構築と徴発に勤めました。南軍は、戦略イベントで小康状態が発生した際により多くの兵力を増強できるRockingham郡にとどまりました。この状態が約1ヶ月にわたって続きました。

両軍の接触がほとんどないまま進んだこの25ターンの間に生じた戦略イベントは、戦略マーカーの前進が2回、小康状態が2回、南軍の増援が1回でした。戦略マーカーが非常に早く進んでおり、ゲームは早ければあと10ターンで終了する状態となりました。VPは北軍が勝利するために必要な105VPに達しており、このまま続けば北軍が勝利を収めることができる状態となりました。

しかし、戦略イベントによる増援を2回、小康状態による増強を2回、さらに戦略マーカー前進による増援(Ewell)も受け取った南軍は、北軍と互角以上に戦う準備を整えていました。

ここまでのVP

+108合計
+15Frederick郡 (30~50ターン)
+10Warren郡 (30~50ターン)
+15Shenandoah郡 (30~50ターン)
+4Branch、Mahone (50ターン)
+6425ターンまでのVP

51~70ターン

南軍のJacksonとEwellがRockingham郡 (4) からShenandoah Valleyを駆け下り、北へと進みました。前述のとおり、北軍はStrasburg (2) の南に塹壕を構築しており、それぞれ戦闘力が30近い要塞がShenandoah Valleyの回廊を塞いでいました。しかし、北軍はこの要塞ではJacksonとEwellに対抗しきれないと判断し、要塞を放棄してStrasburgに部隊を後退させてしまいます。

これによりStrasburgは難航不落の要塞と化しましたが(戦闘力は55)、南軍はStrasburgを横目に見ながらさらに北へと進みました。北軍はStrasburgより北にある主要な重要地点(VPに関連するヘクス)の要塞化もおこなっていましたが、この時点の南軍はこれらの要塞を陥落させることができるほどに増大していました。

クリックすると大きな画像を表示します
Strasburgを迂回して北上する南軍

北軍は慌ててStrasburgからBanks指揮下の部隊を北へと動かすと共に、Rappahannock川方面からMcDowell指揮下の1個軍団(歩兵9個旅団)を呼び寄せました。しかし、移動力に勝る南軍はBanksやMcDowellが有効な場所に動くよりはるかに早く、Winchester (1) を陥落させてしまいます(56ターン)。

その後、南軍は180度転進して南へ進み、McDowellと合流する前のBanksに襲いかかりましたが、Banksはすんでのところで逃走に成功しました。さらに南軍はStrasburgに向けた進撃も試みましたが、こちらはギリギリのタイミングで到着したMcDowellに阻まれる形になりました。

この間の戦略イベントは、南軍の増援が2回(うち1回は、既に南軍の増援がすべて登場しているため「効果なし」に読み替え)、そして小康状態と北軍の増援が1回ずつでした。

クリックすると大きな画像を表示します

ここまでのVP

+27合計
+3Frederick郡 (55ターン)
-36Frederick郡 (60~70ターン)
+8Warren郡 (55~70ターン)
+12Shenandoah郡 (55~70ターン)
+16Branch、Mahone (55~70ターン)
-72McDowell参戦 (50ターン、歩兵9個旅団)
-21北軍の損失
+9南軍の損失
+10850ターンまでのVP

クリックすると大きな画像を表示します
70ターンまでのVPを記録したホワイトボード
(Shenandoah郡のVPが間違ってます。。。)

71~80ターン

ようやくMcDowellとBanksが合流し、Winchester (1) への攻撃を開始しました。この戦闘は4日間に及び、北軍は大損害を受けたものの(南軍の損失は3MVであったのに対し、北軍の損失は16MV)、何とかWinchesterの奪回に成功します。しかし、西の山地を通って後退を試みる南軍の追撃は成功せず、戦況を大きく覆すことはできませんでした。

一方、65ターンに西から登場した北軍の増援がマップ外を通って南に進み、72ターンにMcDowell (6)を攻略することに成功します。しかし、75ターンにSeven Pinesで南軍が大勝利を収めたためにWhitingがマップ上に登場し、80ターンにMcDowellの奪回に成功してしまいます。

クリックすると大きな画像を表示します
McDowellの戦い、Fremont vs Whiting

3個師団(Jackson、Ewell、Whiting)を擁する南軍に対して、最長でも25ターンしかないゲームにおいて、100ポイント近いVPを奪回しなければならない状態となった北軍は、この時点で投了を宣言し、ゲームは終了しました。VPは22で南軍最低限の勝利です。

ここまでのVP

+22合計
+6Frederick郡 (75~80ターン)
+4Warren郡 (75~80ターン)
+6Shenandoah郡 (75~80ターン)
+1Highland郡 (75ターン)
-51北軍の損失
+21南軍の損失
+2750ターンまでのVP

クリックすると大きな画像を表示します

感想

投了後、参考までに次の戦略サイクル(85ターン)の戦略イベントのダイスをふってみたところ、「戦略マーカーの前進」でした。これにより戦略マーカーはボックス7に進むため、ゲームはいずれにせよ5ターン後の85ターンで終了していたことになります。マップ上にまったく動きがなかったと仮定した場合、ゲーム終了時のVPは34となります。

南軍プレイヤーから、Jacksonが北上した際に北軍がStrasburgの南にあった塹壕を放棄したのが失敗だったのではないかと指摘されました。たしかに、Strasburgの南は川と山に挟まれた非常に狭い回廊になっているため、部隊の密度を上げて防御をおこなえると思います。逆にここを突破されてしまうとStrasburgとWinchesterの間は機動戦に適した広いスペースがあるため、移動力に劣る北軍は翻弄されっぱなしになってしまいます。

クリックすると大きな画像を表示します

とはいえ、Strasburg南の回廊を北軍が塞いだとしても、南軍は北の山道を抜けるルートや、南のFront Royalを通るルートで迂回してくることは可能であり、一度迂回されてしまったら、よほどのことが無い限り、北軍は南軍に追いつくことはできず、この「Strasburg回廊防衛策」は北軍にとっての決定的な作戦にはならないようにも思えます。

史実において、JacksonとEwellはStrasburgを突破して北上したものの、Rappahannock川方面から来援したMcDowellによって退路を塞がれるのを避けるために、南へと後退しました。しかし、このゲームの南軍は退路を塞がれることによるペナルティが希少であるため(弾薬補給ができないことくらいではないでしょうか)、北軍は北に突破した南軍を撃破して追い返さなければならないように思います。

このシナリオで北軍が勝つのは難しいなと改めて思いますが、次回どちらの軍をプレイしたいかと問われれば、相手プレイヤーが北軍での勝利に自信を持っているのでない限りは北軍を担当したいと思っています(汗)。引き続き、試してみたい戦略はいくつか考えていますので。

コメント



Last-modified: 2014-10-13 (月) 10:52:24 (1826d)