Stonewall In The Valleyの上級ゲームシナリオ「The Shenadoah Valley Campaign」を対面でプレイしました。僕は南軍を担当し、ゲーム終了まで約7時間を要しました。

1~20ターン (3月7日~26日)

第1ターンは雨。北軍はBanks指揮下の3個師団のうち、2個師団をWinchester (1) に向けて前進させました。南軍は北軍の撤退を防ぐべくJacksonの全軍でWinchesterに残すことにしましたが、雨は5ターンまで降り続いたため、Winchesterを要塞化することはできませんでした。

北軍の前進は雨のために遅れ、北軍の前衛がWinchesterに到達したのは第5ターンの終わりでした。このため、最初の戦略サイクルに南軍はFrederick郡支配による-12VPを獲得しました。一方、北軍はSedgwickの師団全体をHarpers Ferry (2) 付近から撤退させて54VPを得点します。

ゲーム開始時から降り続いた雨は、第6ターンにようやく上がりました。塹壕のない状態で北軍と相対することになったJacksonはWinchesterを放棄し、西側の山肌に沿った後退を開始しました。北軍はWinchesterに守備隊を置き、さらに2個旅団を東へと撤退させて、残りの1個師団強の兵力でStrasburg (3) と前進します。

しかし、Strasburg直前でBanksは移動力がふるわず、Jacksonがタッチの差でStrasburgに先着します。また、McDowellからの長旅を続けたJohnsonもStrasburgに徐々に近づいていました。この時点で北軍の補給はFrederick郡までしか届いていなかったため、BanksはFrederick郡とShenahdoah郡の境目にとどまって第10ターンが終了しました。

ここで2回連続の小康状態となり、ゲームは26ターンまで進みます。

クリックすると大きな画像が表示されます

  • 1~5ターンのランダムイベント:雨(現在) / 雨(+2) / 雨(+2) / 雨(現在) / NE
  • 5ターンの戦略イベント:戦略マーカーの前進
  • 6~10ターンのランダムイベント:騎兵増援(Fremont) / 騎兵増援(Banks) / 雨(+2) / NE / NE
  • 10ターンの戦略イベント:小康状態
  • 15ターンの戦略イベント:小康状態
  • 20ターンの戦略イベント:南軍の増援

クリックすると大きな画像が表示されます

21~40ターン (3月27日~4月14日)

北軍は1個旅団をStrasburg (1) の西に迂回させ、Jacksonを包囲して攻撃しましたが、これは失敗に終わりました(-/2D)。これに対して、南軍は迂回してきた北軍をJohnsonとJacksonで逆に包囲して敗走させます(1DR/Fa)。

クリックすると大きな画像が表示されます
Strasburgを守りきったJackson

同じ頃、両軍はFront Royal (2) に部隊を送っていました。先着したのは南軍でしたが、BanksはStrusburg攻略のための部隊を投入して攻撃をおこない、Front Royalの占領に成功しました。

ここで再び小康状態となり、ゲームは41ターンに進みました。

クリックすると大きな画像が表示されます

  • 21~25ターンのランダムイベント:NE / 雨(現在) / NE / NE / 騎兵増援(Banks)
  • 25ターンの戦略イベント:小康状態
  • 30ターンの戦略イベント:小康状態
  • 35ターンの戦略イベント:小康状態
  • 40ターンの戦略イベント:戦略マーカーの前進

クリックすると大きな画像が表示されます
Front Royalをめぐる攻防

41~60ターン (4月16日~5月5日)

北軍はBanksの部隊でFront Royal (1) の要塞化を始めました。北軍はこの時点で92VPを得点しており、引き続きFrederick郡とWarren郡を支配し続けることで毎ターン5VPを得点できます。戦略マーカーはこの時点でボックス2にあるため、ゲームが最短で終わると仮定しても、北軍はあと25VPを得点できます。ゲーム終了時に105VPを得点すればよい北軍は、このまま何もしなければ勝利を得ることができます。

南軍は今後、Ewellを増援として受け取りますので、その後に反撃をおこなってVPを取り返すことも可能です。しかし、いつくるか分からない増援を待ち続けるよりは、まずはJacksonを北上させて、VPの奪回を試みることにしました。

JacksonはまずBartonsville (2) で北軍の1個師団を捕捉して敗走させ、その後にWinchesterを迂回してMartinsburg (3)に到達します。北軍はRappahannock方面軍からMcCallの1個師団を呼び戻しましたが、マップに登場するまでに6ターンを要することになりました。Jacksonはそれを待つことなくMartinsburgを包囲し、守備隊を殲滅します。これにより南軍はBerkerey郡の支配に成功し、戦略サイクルごとに-20VPの出血を強いることになりました。

北軍にとっての不幸は、この後の戦略イベントが2回連続して小康状態だったことでした。VPが一気に60減ることとなり、北軍プレイヤーが投了してゲームは終了しました。

クリックすると大きな画像が表示されます

  • 41~45ターンのランダムイベント:騎兵増援(Banks) / NE / NE / 雨(+2) / NE
  • 45ターンの戦略イベント:南軍の増援
  • 46~50ターンのランダムイベント:雨(現在) / 北軍停滞 / 南軍停滞 / 北軍停滞 / 雨(現在)
  • 50ターンの戦略イベント:小康状態
  • 55ターンの戦略イベント:小康状態
  • 60ターンの戦略イベント:戦略マーカーの前進

クリックすると大きな画像が表示されます
Martinsburgに向かうJackson

勝利ポイントの推移

ターンVP増減VP計
5-12(Frederick郡) +54(18MVが撤退)42
10+3(Frederick郡) +35(14MVが撤退)80
15+3(Frederick郡)83
20+3(Frederick郡)86
25+3(Frederick郡) +2(Warren郡) +6(南軍損失) -15(北軍損失)82
30+3(Frederick郡) +2(Warren郡)87
35+3(Frederick郡) +2(Warren郡)92
40+3(Frederick郡) +2(Warren郡)97
45+3(Frederick郡) +2(Warren郡) -27(3個旅団が参戦)
+3(南軍損失) -3(北軍損失)
75
50+3(Frederick郡) +2(Warren郡) -20(Berkerey郡) -6(北軍損失)54
55+3(Frederick郡) +2(Warren郡) -20(Berkerey郡) -16(2個旅団が参戦)23
60+3(Frederick郡) +2(Warren郡) -20(Berkerey郡)8

感想

戦略イベントの小康状態によって、南軍の兵力は自動的に増加するものの、北軍はダイス判定に成功しなければ兵力を増やすことができません。今回はこのルールにより、小康状態を重ねるうちに南軍の兵力が増加してしまい、さらに南軍のみが増援を受け取っていった結果、Ewellがマップ上に登場するより前に兵力バランスが南軍に傾いてしまったように思います。これによって、南軍が北上したにもかかわらず、Banksはこれに対応することができなくなってしまったようです。

史実において、JacksonはEwellがValleyに来援するまでは攻勢に出ることができませんでした。しかし、それはKernstownの戦いに負けたからだったのかもしれない、と今回のプレイで感じました。JacksonはKernstownの戦いにおいて敗れたものの、多くの北軍をValleyに引き止めることで戦略的には成果を上げたと言われますが、実際のところLincolnがValleyに残した部隊は最低限といえるものだったように思います。JacksonがKernstownで兵力を失っていなければ、Jacksonは(今回のプレイのように)Ewellが来援するより早い時点で反撃を実施して、より多くの部隊をRichmondの正面から引き剥がせたのではないか、などと夢想してしまいました。

クリックすると大きな画像が表示されます

コメント


  • いしださん、コメントありがとうございます。お褒めいただき嬉しいです。1862年のShenadoah Valley戦役におけるJacksonの功績に疑問を持つ視点は、Stonewall In The Valleyのデザイナーズ・ノートの影響(受け売り?)です(汗)。できれば、他のゲームや書籍を通じて、より多くの見識を得ていきたいと思うものの、根性だったり時間だったりの不足でままならないのが残念なところです。 -- たかさわ 2007-01-22 (月) 12:19:36
  • 凄いです。キャンペーンをプレイすると、こんな凄い洞察が生まれるのですね‥(^o^) 一般にはジャクソンのヴァレーキャンペーンはジャクソンの成果として彼の名を高めたと思うのですが、カーンズタウンの初戦で失敗していなければもっと大きな成果が得られていたのではないか‥という洞察は深いものがあります。史書を読んで鵜呑みにするのではなく、シミュレーションを通じて自分で考えているところが素晴らしいですね。こういうレポートを見ると、上級キャンペーンまでやらないと本当の意味でGCACWの魅力を満喫したとは言えないのか‥と思わされます。日本語でこんな素晴らしいセッションレポートが読めるとは思いませんでした。 -- いしだ 2007-01-21 (日) 09:38:28

Last-modified: 2014-10-13 (月) 10:52:24 (1826d)