Roads To Gettysburgの上級ゲームシナリオ「The Gettysburg Campaign」を対面でプレイしました。まずは7時間かけて14ターンまでをプレイして記録をとり、約1か月後に6時間半をかけて17ターンまでをプレイしてゲームを終えました。

クリックすると大きな画像を表示します

1~4ターン

南軍はEwellの軍団を二手に分け、RodesとJohnsonの師団をCumberland Valley RR沿いに、Earlyの師団をSouth Mountainの東へと進め、4ターンの終わりにはGettysburg(1)とCarlisle(2)に到達しました。後続のHillはHarpers Ferry(3)を攻めず、Earlyを追う形でMarylandとPennsylvaniaの州境付近へと進みました。

Potomac軍の登場判定は第3ターンに「D」が出て、続く第4ターンにはPotomac軍の先遣隊がFrederick(4)に到着しました。

クリックすると大きな画像を表示します

5~8ターン

南軍はEarlyの軍団をLittlestown(1)やNew Cumberland(2)へと進め、徴発と駅の破壊を進めていきました。一方、北軍はPotomac軍のほぼ全軍を西へと進め、第7ターンにはFalling Waters(3)の橋を破壊すると共に、VPを減点するWashinton州の4ヘクスすべてに部隊を進入させました。しかし、南軍はHagerstown付近に残してあったLongstreetをすかさず呼び戻し、Williamsport(4)を奪回します。

北軍はWilliamsport付近に複数個の軍団を持っていましたが、南軍の反撃を恐れて突撃を躊躇しました。南軍はこの間にWilliamsportを要塞化してしまいます。

クリックすると大きな画像を表示します

9~12ターン

第11ターンにEwellの部隊がYork(1)の徴発を終え、南軍はHarrisburg(2)を除くすべての町で徴発を終えました。この時点で南軍のVPは23。南軍は43VP以上の得点で勝利できますので、残りの20VPのために郡の支配、B&O鉄道の駅の破壊、または北軍の損失によってVPを稼がなければなりません。

南軍のHillとLongstreetはWilliamsport(3)とHagerstown(4)の周辺に展開していました。VPを得点できる郡を支配するためには、少なくともこの2個軍団のどちらかをSouth Mountainの東に送る必要があります(郡の支配にはおおよそ2個軍団の兵力が必要)。しかし、Williamsportの周辺の兵力を減らした場合、北軍が反撃を恐れることなくWilliamsportを攻略できるスキを作ってしまいます。

第12ターン、南軍がHagerstownの近くで北軍に攻撃をしかけました。近くにいた北軍による反撃を誘発したものの、この会戦は南軍が3MV、北軍が5MVを失うだけの小規模なものに終わりました。

また、同じ頃に北軍は2個軍団をGettysburg(5)に送り、EwellがAdams郡支配の足がかりを作れないよう守りを固めました。

クリックすると大きな画像を表示します

13~16ターン

1ターンの休息の後、第14ターンにHagerstown(1)周辺の南軍が西へと動き始めました。北軍はこの機を逃すまいと2個軍団を送ってWilliamsport(2)を攻略し、Washington郡のルールによって毎ターン5VPを減点する状態を達成します。

戦況は北軍にとって圧倒的に有利なものに思えました。南軍がWashington郡による減点を回避するために主力を東に戻せば、郡支配によるVPは得点できなくなります。かといって、毎ターン5VPずつ失点する状態が続くため、Adams郡(3)やFrederick-West郡(4)を支配しても勝利するためのVPには至りません。さらに、毎ターンのランダムイベントで12が出ればその時点でゲームは(北軍勝利で)終了です。

南軍が勝利するためには、Frederick-East郡(5)かCaroll郡(6)を支配するしかありません(もちろん、それより奥にある郡を支配してもいいですが)。北軍はこれらの郡の支配軍都にユニットを送ると共に、Potomac郡を西へと進めました。

南軍はCaroll郡へとまっすぐに進みました。その南を東へと進もうとしたPotomac軍は南軍にまったく追いつくことができませんでした(当たり前のことなんですが)。こうして、勝敗は南軍がCarrol郡にたどり着けるかどうか、そしてGettysburg付近に送られていた北軍の歩兵2個軍団と騎兵2個師団がCarrol郡を守りきれるのかどうかによって決まることになったのです。

クリックすると大きな画像を表示します

17ターン

北軍はGettysburg(1)周辺からHowardの軍団を引き抜き、Caroll郡の支配郡都であるWestminster(2)に送りました。しかし、その決断は数ターン早くなされるべきものでした。実際にWestminsterで塹壕を掘ることができたのは1個師団だけで、残りの2個師団はWestminsterへの移動中に南軍との戦闘に巻き込まれることになりました。

Caroll郡の近くにいたもう1個の歩兵軍団であるReynoldsの第1軍団は、移動中に南軍との戦闘に巻き込まれるのを避けるため、南軍がWestminsterを包囲しているところを背後から攻撃できるようにGettysburgを遅れて出発することにしました。

この時点で、ゲームの焦点はWestminsterに絞られました。北軍はCaroll郡を確保できれば兵力の10や20を失っても勝利することができます(Caroll郡の支配は50VP)ので、周囲の部隊を次々と投入して南軍のWestminster攻略を妨害します。しかし、強力かつ迅速な南軍は着々と西進し、ターン中盤にこの町の包囲を完成しました。

Westminsterへの攻撃を指揮するであろうLongstreetのスタックは既に疲労レベルが3になっており、これに対してf以上の戦闘結果を与えられればWestminsterを延命することができ、Potomac軍の主力による救出にかけることができました。しかし、Gettysburgから到着したReynoldsによる3度の攻撃はすべて失敗してしまいます。

結局、Longstreet(とLee)による総突撃が成功し、南軍はCaroll郡を支配する条件を達成しました。Potomac軍の主力はFrederick(3)を通過したところにおり、Westminsterへの到着は早くても翌日であり、その間に南軍が防御を固めてしまうことは不可避でした。

北軍の最後の希望は雨でした。雨でゲームが延長されれば、Washington郡によるVPの減点により勝つことができます。しかし、第18ターンの天候は雨ではありませんでした(結局、ゲームを通じて雨は降りませんでした)。北軍プレイヤーはここで投了し、ゲームは南軍の勝利に終わりました。

クリックすると大きな画像を表示します

69南軍最低限の勝利
50Caroll郡支配1Littlestown徴用
6York徴用1Newville徴用
2Carlisle徴用1Mechanicsburg徴用
2Greencastle徴用1Waynesboro徴用
2Chambersburg徴用1New Cumberland徴用
2Hanover徴用-20Washingon郡(5VP×4ターン)
2Gettysburg徴用23北軍損失
2Shippensburg徴用-7南軍損失

クリックすると大きな画像を表示します
ゲーム終了時のWestminster周辺

感想

北軍の戦略と敗因

今回の北軍の戦略は、Washington郡におけるVP減点による勝利でした。このVP減点の条件を第9ターンに達成し、その後の毎ターンに5VPの減点を積み重ねていけば、たとえ南軍がもっともVPの高いHoward郡を支配し、Harrisburg以外のすべての町で徴用をおこなったとしても、北軍は勝利することができるためです。

徴用(Harrisburgを除く)23VP
郡の支配最大70VP
Washington郡(第7~第18ターン)-60VP
合計最大33VP

しかし、僕は9ターンまでに条件を達成する、というところをきちんと計算しきれていませんでした。South Mountainの西でにらみ合う両軍を見て、その後に戦場が東へと移ることを予測しきれなかったのです。事実、南軍は適切なタイミングでWashington郡を捨てて東に走り、Washington郡のVP減点を補えるCaroll郡を攻略して勝利しました。

北軍がWashington郡を重視する戦略をとる場合、いつまでにVP減点の条件を達成しなければならないかを常に計算している必要があるのだと思います。この計算ができなかったことが、今回の敗因のひとつです。

クリックすると大きな画像を表示します
Williamsport~Hagerstown周辺

もうひとつの敗因は、ゲーム終盤に東へ動いた南軍にまったく追従できなかったことです。そもそも、南軍より北軍は遅いというルールなのですから、南軍が動き始めてから北軍がそれを追うのでは遅すぎるのです。しかも、南軍がHagerstownからWestminsterに直線的な経路を持っていたのに対し、北軍の経路は南を迂回するものであり、そもそも南軍より長い距離を移動しなければならないものでした。

史実において北軍は「南軍とWashington DCとの間に位置する」よう勤めたという話を読んだことがありますが、機動力に勝る南軍と対峙するにはそのようにするのが効果的なんだろうと強く感じています。

クリックすると大きな画像を表示します
ゲーム終了時のPotomac軍主力(Frederick周辺)

シナリオについて

このシナリオをプレイしたのはこれで3回目で、今のところ南軍が2勝1敗です。南軍が機動力と戦闘力を駆使して、ゲーム終盤に郡支配によるVPを確定してしまう可能性が大きく、北軍がこれに対応するのはあまり簡単ではない、という印象を持っています。北軍が守らなければならない郡は複数あるものの、分散すれば各個撃破され、一箇所に集中すれば守りの薄い別の郡を取られてしまうと思うからです。

史実においては、LeeがGettysburgへの突撃を強行しましたが、このシナリオにおいてはGettysburgに塹壕を掘った北軍を放っておいて、他の郡の攻略に向かうことができます。ランダムイベントによるゲーム終了が、史実にあったような突撃の動機付けになっているとも考えられますが、36分の1の確率でしかおこらないゲーム終了を前提に作戦を立てることに何となく抵抗のようなものを感じるのも事実だったりします。

しかし、このシナリオが僕にとって大きな魅力を持っていることに変わりはありません。両軍ともにある程度大きな兵力を持っており、それらがフルマップ2枚のほぼ全域を縦横無尽に動き回る様子は本当にダイナミックです。しかも、両軍がとりうる戦略が複数あり、プレイヤーはその戦略をさまざまな出来事を織り込んで修整していかなければなりません。

好きなGCACWシリーズのシナリオを何本か選ぶとしたら、間違いなくこのシナリオを含めるだろうと思います。すぐにでも再びプレイしたいシナリオです。

クリックすると大きな画像を表示します

コメント



Last-modified: 2014-10-13 (月) 10:52:23 (1826d)