Roads To Gettysburgの上級ゲームシナリオ「The Gettysburg Campaign」にて南軍をプレイした。対面でプレイする予定は決まっていたものの、このシナリオの序盤はほとんど南軍だけのアクションとなるため、対戦日まではVassalを使ったPBEMでゲームを進めることにした。思ったよりゲームは進まず、対戦日までにプレイできたのは3ターンの途中までだったが、それでも時間の節約はできたと思う。

クリックすると大きな画像を表示します

1~2ターン

第1ターンの最初のイニシアティブを北軍が取ったため、北軍は唯一移動できるKnipeを鉄道移動で後方へ逃がした。Knipeは南軍に捕捉されれば撃破されてVPを献上することが必至であるため、北軍プレイヤーはとにかくKnipeを逃走させるべきだと思う。もちろん南軍は状況が許すならばKnipeを捕捉するなり、鉄道移動の経路を塞ぐなりの対策を講じるべき。その後、KnipeはYorkまで鉄道移動して、この町の防御を固めた。兵力は1ポイントしかないので、南軍の歩兵師団の相手をすることはできないが、南軍がYork攻略のための兵力を割かなければならなくなるので、この作戦は効果的だと思う。

南軍は序盤に唯一移動できるEwellの3個師団のうち、JohnsonとEarlyの2個師団をCumberland Valley鉄道沿いに、RodesをYorkに向けた。途中、徴用ができる町には5ポイントの兵力を割り当てた旅団を置き、徴用と駅の破壊をおこなう。B&O鉄道以外の駅を破壊してもVPを得点できないが、Cumberland Valley鉄道を壊しておくと、ゲーム後半に北軍の増援が鉄道移動で南軍の背後を脅かす心配を減らすことができる。

3~4ターン

3ターンから自由に移動できるHillの3個師団は、すべてPotomac川の南に渡らせてHarpers Ferryの攻略に向かわせた。南軍が近づいてきたことによりHerpers Ferryの守備隊の移動制限が解除され、北軍は後退を始めてしまったが、北軍の移動力が悪かったため、Hillは北軍の2個旅団を何とか捕捉、全滅させることに成功した(6VP)。

Rodes師団と共に北東へ進んでいたA Jenkinsの騎兵部隊がYorkに到達したが、北軍の守備隊はその直前にこの町から撤退した。また、Ewellの軍団から分遣された歩兵旅団がGreensville (2VP)、Waynsboro (1VP)の徴用をすませた。

Potomac軍はまだ登場せず。

クリックすると大きな画像を表示します

5~6ターン

Ewellの軍団は引き続き徴用と駅の破壊。JohnsonとEarlyがCarlisle (2VP)、Chambersburg (2VP)、Newville (1VP)、Shippensburg (2VP)を、RodesがYork (6VP)を徴用した。

Hillは1個旅団をNaval Batteryを置き、残り2個師団半は大きく北上させず、1862年9月にSouth Mountainの戦いがおこなわれた峠の周辺に置いて、Potomac軍が突然登場して真西に進撃した場合に備えた。

Longstreetの軍団はMaryland州とPennsylvania州の間に待機させ、Potomac軍がどちらに進んでも対応できるようにした。

Potomac軍もStuartも姿を見せず。

7~8ターン

第7ターンにPotomac軍が「D」で登場(実際にマップに登場するのは8ターン)。

Ewellの軍団はRodesがHanover (2VP)を、JohnsonがMechanicsville (1VP)を徴用した後、Gettysburgへの集結を開始した。その他はHillの1個旅団がWavetonを破壊して2VPを得点したことを除き、南軍に大きな動きはなかった。

Stuartはまだ登場せず。

9~11ターン

Stuartが9ターンに登場し、10ターンに移動制限解除。

EwellはGettysburgを徴用した後(2VP)、そのまま塹壕を掘り始めた。Longstreetは1回のアクションでAdams郡に入れる位置にいるため、このままの状態でゲームを終えれば南軍は勝利できることになる(徴用 21VP、駅破壊 4VP、Adams郡支配 25VP、北軍の損失 6VP、合計56VP)。

南軍はHillを東に進め、Frederick West郡の支配郡都を脅かす位置に置いた。Potomac軍はGettysburgのEwellを排除しなければ負けてしまうものの、兵力を集中しすぎるとFrederick West郡をHillに脅かされてしまう王手飛車取り状態。南軍としてはかなりいい気分でした(Hillは後に右の図の矢印のように主戦場となったGettysburgへと急行する)。

右の図は徴用と駅の破壊によるVP(カッコ内は得点したターン)と、Gettysburgに集まる両軍の経路を示したものです(青い矢印が北軍)。

クリックすると大きな画像を表示します

12~13ターン

北軍が5個軍団をGettysburgに進めた。南軍は北軍の先遣隊の背後をStuartに塞がせて反撃しようと試みたが、突撃の準備をしているうちに反撃を受けて敗走することとなった。北軍はさらなる攻撃を試みたが、西の山から駆け下りてきたLongstreetに側面を襲われて敗走し、戦場は混沌とした状態となった。

翌日には小規模な戦闘があっただけで、両軍は部隊を休息させると共に、増援をGettysburgへと急がせた。大規模な戦闘を避けるため両軍ともにGettysburgに部隊を入れることをためらったが、これが勝敗を決することになった。

右の図は第13ターン終了時のGettysburg周辺。

クリックすると大きな画像を表示します

14ターン

ランダムイベントのダイス(2D6)はなんと12でゲーム終了!Gettysburgを空けていた南軍はAdams郡支配によるVPを得点できず、敗北を喫した。

北軍最低限の勝利38
Carlisle徴用 (6ターン)2Waynesboro徴用 (3ターン)1
Chambersburg徴用 (6ターン)2York徴用 (6ターン)6
Gettysburg徴用 (9ターン)2Harpers Ferry破壊(4ターン)2
Greencastle徴用 (3ターン)2Waveton破壊(8ターン)2
Hanover徴用 (7ターン)2Catocton Switch(10ターン)2
Mechanicsburg徴用 (7ターン)1北軍損失16
Newville徴用 (6ターン)1南軍損失-5
Shippensburg徴用 (6ターン)2

感想

ランダムイベントでゲームが終了した瞬間は絶句したようにも、絶叫したようにも覚えていますが、とにかく両プレイヤーがしばし唖然として、その後に爆笑してゲームが終わりました。南軍の(弾薬以外の)補給物資が底をついたのか、はたまたVicksburgで史実以上の大敗北(あるのか?)がおこったのか、Leeが腸閉塞をおこしたのか。。。

「あと1日あれば勝てた。。。」

戦場の南軍兵士の多くがそう思ったようにも思いますが、実際のところどうだったのかは分かりません。北軍プレイヤーは「あと1ターン続けてみますか?」と提案してくれましたが、ここでゲームを終えました。

なお、このプレイに関する北軍プレイヤーのレポートはYSGAのウェブにて読むことができます(YSGA(横浜シミュレーションゲーム協会) 例会報告 - 軍都金沢で(AH)Road to Gettysburg名人戦!?)。

このシナリオ「The Gettysburg Campaign」をプレイしたのは2回目ですが、あらためてこのシナリオの面白さに魅了されました。フルマップ2枚の戦場を走り回るユニット。両軍に求められる戦略的決断の多さ。そして、その戦略をいともたやすくひっくり返す数々のイベント。GCACWシリーズはもともと無作為の要素が多いゲームですが、それをさらに混沌とさせた中でプレイヤーは最良の決断を求められます。

まだまだプレイしたことのないGCACWシリーズのシナリオがあって、それらを次々とプレイしたいなと思うものの、このシナリオを何度でもプレイしたいなという気持ちがさらに高まってしまいました。本当に面白いプレイでした。

クリックすると大きな画像を表示します

コメント



Last-modified: 2014-10-13 (月) 10:52:22 (1826d)