Grant Takes Commandのシナリオ「Bethesda Church」を、Vassalを用いてPBEMしました。終了までに要した期間は121日。筆者は北軍を担当し、ギリギリのところで最低限勝利を収めることができました。

以下の図はプレイ開始時の状況です。

クリックすると大きな画像を表示します

数字は目標ヘクスの位置とVPを表します。プレイ開始時において、北軍は水色の数値で示されている目標ヘクスを支配しており、これによって28VPを得点しています。ゲームの長さは3ターンで、北軍はゲーム終了時に40VPを得点していれば勝利できます。この他、北軍の兵力損失1ポイントにつき-2VP、南軍の兵力損失1ポイントにつき3VPが得点されます。

ゲーム終了時の状況は以下のようになりました。

クリックすると大きな画像を表示します

北軍は右翼の目標ヘクス2個(Atlee's StationとShady Grove Church)に滑り込んで12VPを得点したものの、中央のBethesda Churchは南軍に明け渡しました。中央から左翼にかけての目標ヘクスは、いずれも南軍によって要塞化されていたため、奪取することは困難でした。

勝敗を分けることになったのは、南軍に一方的な損失を強いる2回の戦闘でした。いずれも既に疲労レベルが4になっている南軍ユニットの周囲を、Sheridanの騎兵軍団が完全に包囲して攻撃したものです。南軍の兵力3ポイントを一方的に壊滅させた場合、北軍は9VPを得点することができますので、目標ヘクスを支配するよりも効率的にVPを得点できるように感じています(逆に、GTCで南軍をプレイするときには、Sheridanが怖くて仕方ありません)。

41北軍最低限の勝利
+ 6Atlee's Station
+ 6Shady Grove Church
+ 6Polly Hunley's Corner
+ 6Haw's Shop
+ 6Old Church
+57南軍損失(19MV)
-46北軍損失(23MV)

今回のプレイで感じたことのひとつに、このシナリオではRichmondがまったく勝敗に影響しないことがあります。北軍に側面へと回りこまれた場合でも、南軍は前線の目標ヘクスを固持すべきであって、Richmondには注意を払わなくてもよいことになってしまいます。

史実においては、北軍はCold Harborの時点で迂回を諦めて正面からの攻撃を実施しましたが、Chickahominy川を渡って南軍の右翼へと回り込む可能性はなかったのかが気になるところではあります。この辺は一度キャンペーンゲームをプレイしてあれこれ悩んでみたいところです。

このページへのコメント



Last-modified: 2014-10-13 (月) 10:52:22 (1826d)