Bloody Spotsylvania (GTC) PBEM

Vassalを用いてプレイしました。プレイ期間は2006年1月9日~2006年4月8日、筆者は南軍を担当しました。

右の画像はセットアップ時の状況です。シナリオは、Wildernessの戦いの直後、要塞化が始まった戦場での戦闘継続を嫌ったGrantが、南軍に先んじてSpotsylvania Court Houseに向けて部隊を横移動させるところから始まります。

クリックすると大きな画像を表示します

第1ターン

軍司令官の活性化における移動力は最低でも3、というルール(Yahoo! Groups 4629)を採用したが、Grantの最初の移動力のダイスは4だった。

天候は晴れ。積極的に南東への移動を進めた北軍は、南軍に先んじてSpotsylvania Court Houseを占領。南軍は交戦を避けて2個軍団(AndersonとEarly)をWaite's Shop付近に移動させ、EwellをWildernessの南端に残した。

クリックすると大きな画像を表示します

第2ターン

天候は雨。両軍の移動はPo川から伸びる小川をはさんで少しずつ南東へシフトするものだけで、残りの部隊は前日の疲弊を回復した。

クリックすると大きな画像を表示します

第3ターン

天候は晴れ。南軍はPo川沿いでの防御を考えてAndersonの2個師団とLeeを送ったが、より下流の橋を渡ったBurnsideによって包囲される。ZOCを移動して後退、塹壕+側面防御で防戦、反撃のいずれにするか迷った結果、「彼らを吹き飛ばせ!」を選択。この戦闘は先手を取った北軍がKershawを敗走させて2MVの損害を与えたが、南軍はこの後のFieldsによる攻撃で6MVの損害を与え、「Po川の戦い」は南軍の勝利に終わった。

北軍の騎兵は結局1ユニットもマップからの退出をおこなわなかった。北軍はMount Pleasantを除くすべての目標ヘクスの占領していたが、南軍はすべての目標ヘクスを失っても、これ以上のVPを失わなければ勝てる状態になった。

クリックすると大きな画像を表示します

第4ターン

晴れ。南軍はNorth Anna川に向けた後退を開始。北軍はそれを東西から包囲する機動を始めたが、西側でWarren指揮下のRobinson師団が突出してきたので、Andersonの軍団でこれを包囲して敗走させた。

。。。と思いきや、Robinsonの背後に送ったつもりになっていたKershawは先のターンに戦意低下状態となっており、側面ボーナスが得られないことに気づいた。2DR/Eaだと思っていた戦闘結果はDr/1Faに変わり、南軍は3VPを失ってちょっと厳しくなった。GTCは1回の戦闘でVPが激しく動くところが怖い。まだギリギリの線で南軍勝利ではあるものの、これ以上VPを失えなくなった。

クリックすると大きな画像を表示します

第5ターン

晴れ。あとはひたすら退却。南軍は両翼共に包囲される可能性があったが、右翼(東)のAndersonは近寄ってきたSedgwickの1個師団を敗走させることに成功し、左翼(西)のEwellは連続してイニシアティブを取って脱出に成功。南軍はすべての部隊をNorth Anna川の南岸に退避させることに成功した。

北軍はSheridanと騎兵部隊に西側を迂回させ、North Anna川を渡り、南軍を背後から襲ったが、南軍は北軍による攻撃の直前にイニシアティブを取ってこれに対処し、Sheridanによる攻撃は失敗した。その後におこなわれた歩兵による川越えの戦闘も失敗して、ゲームは南軍の勝利に終わった。

+38南軍最低限の勝利
+25Spotsylvania Court House (N3520)
+4Todd's Tavern (N3117)
+4Waite's Shop (N3019)
+4Mount Pleasant (N3225)
+4Stannard's Mill (N3924)
+4Massaponax Church (N4019)
+4Guinea Station (N4323)
+104VPの目標6つすべて
+15南軍損失(5MV)
-36北軍損失(18MV)

クリックすると大きな画像を表示します

感想

今回のプレイにおける南軍の基本戦略は次のようなものでした。

  • 特定の目標ヘクスに固執せず、北軍がきたらさっさと明け渡す。ただし、その過程で北軍にスキがあれば戦闘でVPを稼ぐ。
  • 北軍騎兵がマップから退出することによるVPは、南軍騎兵を退出させてできるだけ穴埋め。
  • それでもVPが足りない場合は、終盤にもっとも手薄な目標ヘクスを奪回。

今回は北軍が騎兵を退出させない戦略をとり、数回おこなわれた戦闘において南軍がVPを稼ぐことができたので、後半は追撃を避けながら退却することで勝つことができました。両プレイヤーの手番がランダムにおこなわれるGCACWシリーズで、退却がうまく決まったときには、何ともいえない嬉しさがあります。

このシナリオをプレイするのは今回が初めてでしたが、タイトルから想像される(史実でおこなわれたような)両軍に大きな損害が発生する戦闘は起きませんでした。北軍が大量の騎兵をマップから退出させた場合、南軍はVPヘクスを確保(または奪回)しなければならなくなるのかもしれません。

少し長めの時間(6時間程度か?)が取れる際にプレイするシナリオの候補に加えることができる、なかなか面白いシナリオであるように感じました。また、プレイしたいです。

このページへのコメント



Last-modified: 2014-10-13 (月) 10:52:20 (1826d)