Rebels In The White Houseのシナリオ「From Winchester To Washington」を対面でプレイしました。筆者は南軍を担当し、プレイ開始から終了まで約9時間を要しました。

Rebels in the White House by Toshi Takasawa, on Flickr

1864年夏の、Jubal EarlyによるWashington DCへの襲撃を題材にしたモジュールの「短い方のキャンペーンシナリオ」です。南軍は実質2個師団ほどの兵力で北部に走りこみ、町からの徴用、郡の支配、Washington DCとその周辺の破壊などによってVPを得ますが、ゲーム終了までに北部から離脱できないとVPを減点されます。

北軍はほとんど部隊を持たずにゲームを始めますが、West Virginiaから増援を得る他、PetersbergでLeeと戦っているGrantの部隊を引き抜いて使うことができます。Grantの部隊(歴戦のPotomac軍)は非常に強力ですが、部隊を引き抜くごとに南軍にVPを与えます。

Rebels in the White House by gameape, on Twitter

南軍は交戦することなく北へと進み、3ユニットを率いるEarlyが第4ターンにPotomac川を渡って、Washington郡内での徴用を第6ターンまでに済ませました。また、Breckinridgeは1ユニットを持ってHarpers Ferryを攻略し、対岸のStone Fortも破壊します。

北軍はHarpers Ferryの守備隊が壊滅した以外の損害は受けず、兵力を温存します。Wallaceは鉄道でFrederickに布陣しました。

Rebels in the White House by gameape, on Twitter

EarlyとBreckinridgeがPotomac川の近くでVPと食糧をかき集めている間、南軍の騎兵は東へと走り続け、第8ターンにはBaltimore市街に到達しました。しかし、Petersbergから来援したRickettsに1ターンで追い出され、なおかつPoint Lookoutに騎兵を送らなかったことによるペナルティが適用されたため、大きな成功とは言えない結果となりました。

Rebels in the White House by gameape, on Twitter

Earlyは第9ターンにFrederickでWallaceを捕捉して敗走させました。その間に前進を続けたBreckinridgeは第10ターンにMontgomery郡を支配下におき、Washington DCを射程に収めます。しかし、Washington DCにはPetersburgからEmoryが来援して立ちはだかります。

Rebels in the White House by Toshi Takasawa, on Flickr

EarlyはVPを稼ごうとWallaceへの追撃を試みますが、これは失敗に終わります。後がない南軍はBreckinridgeと(騎兵の)JacksonにWashington DC襲撃を命じます。BreckinridgeによるFort Slocumへの攻撃は成功し、Washington DCへの突破口が開いたかに見えましたが、Baltimoreから鉄道でかけつけたRickettsがこの穴をタッチの差で塞ぎます。

ゲームの残りがあと2ターンとなり、何としてもVPを取りたい南軍はJacksonをDistrict of Columbiaの北端にある森に進め、かろうじてVPを獲得します。南軍のVPはこの時点で166VP。最低限の勝利に必要な160VPを上回りましたが、Potomac川の南に撤退できない歩兵ユニットごとに20VPを失います。残り時間はあと1ターンしかありません。

Rebels in the White House by Toshi Takasawa, on Flickr

Frederickの南、Monocacy川がPotomac川へと注ぐ地点にある浅瀬に向かって南軍は疾走したものの、結局2ユニットがPotomac川を渡ることができませんでした。これによって南軍は40VPを失い、北軍の最低限の勝利でゲームは終了しました。

123北軍最低限の勝利
1Duffield Station 損害(3、数字は得点ターン、以下同じ)
5Stone Fort 破壊(6)
8Harpers Ferry集積所 破壊(7)
5Fort Slocum 破壊(12)
5Frederick集積所 破壊(12)
4Sharpsburg 徴用(5)
4Williamsport 徴用(6)
8Hagerstown 徴用(6)
8Rockville 徴用(10)
8Frederick 徴用(11)
20Ricketts(7)
24Emory & Grover(9)
4Washington郡 支配(5、7)
5Baltimore市街(8)
45Montgomery郡 支配 (9、10、11)
15District of Columbia(12)
-8Point Lookout(10)
-40南軍歩兵2個師団が脱出できず
8北軍損失
-6南軍損失

感想

限られた時間の中で郡を支配し、駅や集積所や要塞を破壊し、食糧を調達し、町で徴用をおこない、最後には脱出しなければならない、という非常にやりがいのある課題に挑戦できる南軍プレイヤーにとっては、非常に面白くてやりがいのあるシナリオだと思います。ランダムイベントの「暑さ」や「雨」、「指揮の麻痺」、そしてターンの無作為終了といったコントロールできない事象への対応もGCACWらしい面白さだと思います。

GCACWシリーズでユニットがどのくらいの時間でどのくらいの距離を動けるのか、という「身体感覚」のようなものを試されるように感じました。逆に、このシリーズをあまり経験なさっていないプレイヤーには「いつまでに何をどうすればいいのかわからない」という点で厳しいのではと思います。プレイに先立って北軍を一切登場させないで、南軍ユニットだけでソロプレイしてみるとよいかもしれません。それでも十分楽しめそうな気がします(いっそ、一人用シナリオに改造できないかな。。。)。

朝から始めれば夕食の前までに最後までプレイできる上級ゲームシナリオとして重宝しそうに思うものの、北軍プレイヤーはあまりすることがなく、楽しさ中くらい(またはそれ以下)なのではないかと、ちょっと心配ではあります(僕は北軍でも喜んでプレイしますので、興味のある方はお声がけください)。

コメント



Last-modified: 2014-10-13 (月) 10:52:02 (1826d)