Here Come The Rebels!のシナリオ「South Mountain」をADC2でPBEMしました。筆者は北軍を担当し、プレイ開始から終了までに11日を要しました。

このゲームはGCACWシリーズPBEMトーナメントの第4回戦です。どちらかが2回勝利するまでプレイするもので、その2ゲーム目です(最初のゲームの記録はGCACWシリーズ/対戦記録/119に書きました)。

北軍は非常に順調にゲームを進めました。南軍がSouth Mountainを通る4つの峠それぞれに部隊を送ったのに対し、Renoの軍団の4個師団のうちの3個を中央に集中して南軍の守備隊(Garland)を壊滅させます。後続のHookerもLongstreetがHagerstownから一歩も動いていないうちに前線に到着してしまいます。

Here Come the Rebels! - South Mountain by Toshi Takasawa, on Flickr

さらにイニシアティブを取り続けた北軍は、DH HillがZittertownへと後退したことで守備隊のいなくなった南の峠を通ってRohrersvilleを占領し、さらに戦果を拡大していきます。しかし、RohresvilleはLongstreetの到着によって早々に奪回されました。

Here Come the Rebels! - South Mountain 2 by Toshi Takasawa, on Flickr

Longstreetは疲労レベルが4になったDR JonesをRohresvilleに置き、残りの部隊をかき集めてMountain HouseのRenoを攻撃します。これによってRenoはSouth Mountainからの退却を余儀なくされ、北軍はこれまでに貯めたVPをすべて吐き出してしまいます。

Here Come the Rebels! - South Mountain 3 by Toshi Takasawa, on Flickr

北軍はMountain Houseの周囲を固めるべくHookerの軍団を分散させたことが裏目に出る形となり、Longstreetを押し戻すことができないまま敗北しました。

-1南軍実質的勝利
+3南軍の損失
-4北軍の損失

感想

中盤(Longstreetが動き始めるあたり)までは「絶対に勝った」くらいに思っていたのですが、北軍がこういう負け方をすることは過去にも何度か経験している訳で、油断大敵ということになるのでしょう。。。

コメント



Last-modified: 2014-10-13 (月) 10:51:58 (1828d)