• シナリオ: Burnside Takes Command
  • プレイ日: 2005-04-30 ~ 2005-05-01
  • 対戦方法: 対面
  • 所用時間: 約12時間

リプレイ

1戦目と同じ間違いを犯さぬように、北軍は慎重に駒を進めると同時に、右翼が残りCulpeperにプレッシャーを掛ける。
北軍右翼が西方に残ったため、LongstreetはJacksonの到着を待ちながら、ゆっくりと東方へシフトする。
北軍は運が悪く、浮橋の到着がJacksonより遅くなってしまう。
Jacksonが登場して、LongstreetはFrederickburgへ向かう。
Longstreetの到来に焦った北軍は、浮橋を無駄に消費してしまう(5本中4本を使ってしまう。しかも2本は破壊される)。
Jacksonは、北軍右翼を北へ押し返し、橋を破壊してFrederickburgへ向かう。
北軍はゲーム終了の直前に、Culpeper, Orange Court House, Gordonsvilleを占領し、補給源をCulpeperに移して勝利を狙うが、浮橋が1本しか残っていない。
Jacksonが西方へ戻り浮橋を撃破して、北軍の夢は潰えてしまう。
浮橋がもう1本残っていれば、と悔やんでいました。

勝敗が決定した後、BurnsidでLeeを叩くと意気込んだのですが、イニシアチブでピンゾロが出て、Burnsideの突撃も夢幻と消えました・・・。

結果は一方的ですが、展開は損害同様に均衡した状態でした。
浮橋がもう1本残っていたり、Jacksonの西方への戻るのを少しでも邪魔できれば、北軍は勝利できる状態にありました。

信長

結果

+ 5南軍決定的勝利
+ 5Culpeper
+32南軍損害
-32北軍損害

コメント



Last-modified: 2014-10-13 (月) 10:51:58 (1828d)