Grant Takes Commandの上級ゲームシナリオの1本である「Marching To Cold Harbor」を対面でプレイしました。筆者は北軍を担当し、約6時間程度プレイしたところでプレイを終了しました。

Grant Takes Command - Marching to Cold Harbor by Toshi Takasawa, on Flickr

上の画像はセットアップ直後の状態です。北軍は自由に配置できるFerreroをBowling Greenに、その他の騎兵3ユニットをSheridanの指揮範囲に配置し、南軍は騎兵部隊をSouth Anna川沿いの南軍左翼を守る位置に配置しました。

ゲームの展開

第1ターン

シナリオ特別ルールによりランダムイベントは無し。北軍はHancockの軍団を残して、他の部隊すべてをNorth Anna川の北に後退させ、南東へと走らせました。Hancockを残した理由は、南軍による北への突破を防ぐことと、南軍が第1ターンに全軍で退却したときにHanover Junctionを奪取してVPを稼げるようにすること、そしてHancockの軍団の一部が容易に退却できない位置に配置されていることです。

南東に走った北軍に南軍は騎兵を送って対応します。騎兵によるPort RoyalやBowling Greenの襲撃がなくなったと判断し、Sheridanの騎兵軍団をNelson Bridge (S4415)に送ってNorth Anna川の渡河点を確保します。

戦略サイクル

戦略イベントはMosby's Raidersでしたが、北軍は補給路を海上に設定したため影響はなし。マップ外は何もおこらず。増援は南軍が2MV、北軍は9MVでした。

第2~第5ターン

ランダムイベントは順番に、南軍指揮の停滞、雨(現在)、北軍指揮の停滞、効果なし、でした。北軍は先の戦略サイクルで海軍を兵員輸送モードに切り替えており、Butler指揮下の1個軍団をWhite House Landingに海上輸送します。南軍はこれ対応する形でBeauregardの部隊をRichmondに送りました。

南軍は第2ターンにHanover Junctionを放棄しました。北軍はHancockをそのまま南に前進させると共に、残りの3個軍団にSheridanが確保した渡河点でNorth Anna川を渡らせました。南軍はRichmondと北軍の間に割ってはいる形で陣地の構築を始めます。

Grant Takes Command - Marching to Cold Harbor by Toshi Takasawa, on Flickr

北軍はRichmondへの直進が困難であると判断し、さらなる横移動を決意します。史実においてGrantは南東に迂回しましたが、今回のプレイでは西に迂回することにしました。第4ターンに南軍の指揮停滞が発生していたため、南軍の鼻先を通って西にスイングすることが可能であると判断したためです。

Grant Takes Command - Marching to Cold Harbor by Toshi Takasawa, on Flickr

戦略サイクル

戦略イベントは再びMosby's Raidersで実質的な影響は無し。Hamptonが軍団長に昇進しました。増援は南軍が2MV、北軍が10MV。マップ外の動きは無く、ゲームの終了も起きませんでした。

第6~第7ターン

ランダムイベントはいずれも効果なし。

Richmondの北東への横移動を完了したかに見えた北軍でしたが、その最後尾でBurnsideの軍団がスタックを崩した状態のまま残されていました。この北軍プレイヤーのミスを南軍プレイヤーは見逃さず、第6ターンにLeeとAndersonのスタックが攻撃を敢行します。

Grant Takes Command - Marching to Cold Harbor by Toshi Takasawa, on Flickr

この戦闘の後、第6ターンは「アクションサイクル無作為終了」によって終わり、第7ターンには両軍入り乱れての戦闘が発生します。この一連の戦闘で生じた損失は、北軍が9MV、南軍が4MVでした。

時間切れ

Grant Takes Command - Marching to Cold Harbor by Toshi Takasawa, on Flickr

第7ターンが終了した時点でプレイするための時間がなくなり、ゲームを終了としました。試みに、両軍がこのまま損失を増やさないまま次の戦略サイクルを迎えたと仮定して、ゲーム終了判定のダイスをふってみたところ、ゲームが終了する目が出ました。そのようにゲームが終わっていたとした場合、勝利ポイントは以下のような状態となりますので、南軍が勝利したものとしてゲームを終えました。

+75南軍最低限の勝利
+15南軍集積所破壊
+12Caroline郡
+20Hanover郡
+6New Kent郡
+28Richmondの10ヘクス以内に14個師団
+12南軍の損失
-18北軍の損失

感想

時間切れによって途中で終わってしまったものの、とても面白くプレイすることができました。上級ゲームシナリオ用のルールが非常に多く、そのそれぞれがそれなりに大きな影響を持つため、ルールを把握するのが大変ではあるのですが、多くの選択肢を踏まえて戦略を立てて、部隊を大きく機動させることができることが、このシナリオの(特に北軍プレイヤーにとっての)大きな魅力ではないかと思います。

今回北軍がおこなった西への横移動が良い判断であったかどうかは意見の分かれるところではないかと思います。史実同様に東に横移動した方が、Bermuda Hundredから来る増援との合流もしやすいのではありますが、だからといって毎度東に横移動するのもちょっと悔しい、というあんまり合理的ではない動機に基づいて選んだ戦略ではあるのですが。。。

なお、Burnsideがアキレス腱となってしまったのは僕の凡ミスで、完全に回避可能なものでした。戦術値で劣るBurnsideは、他の強力な軍団と常にスタックさせるなどしなければなりません。最近PBEMに慣れすぎてしまって、対面プレイで迅速に判断をする能力が低下してきているのかもしれない、と感じました。

コメント



Last-modified: 2014-10-13 (月) 10:51:54 (1828d)