現在製作中のGCACWシリーズの最新作で、タイトルは「The Battle Above The Clouds」。

どんなゲームか?

1863年後半におこなわれたChattanooga周辺における戦闘(Chickamaugaの戦いを含む)を題材にするGCACWシリーズ第8作目。RosecransがTennessee川を渡河したところから、GrantがChattanoogaを奪取するまでをカバーする予定。

Ed Beach (SLB、GTCのデザイナー)と Mike Belles (RWH、AGAのデザイナー)が共同でデザインしており、2007年2月中旬に最初のシナリオ「McLemore's Cove」のプレイテストを始める予定。マップと戦闘序列のためにDavid A. PowellとRick Barberが働いている。

マップのスケールは従来のGCACWシリーズと完全に同じになるが、ヘクス列の方角が60度傾けることを検討している(10時の方向が北になる)。これにより、2枚のフルマップを上下にまっすぐ繋げてChickamaugaとChattanooga周辺の戦場をすべて収めることができるとのこと(Chattanoogaはマップのほぼ中央になり、北マップの大半はTennessee川以北になる)。マップには新たな地形として「斜面」が追加され、Missionary Ridgeなどに用いられる。

イニシアティブに勝つ確率は両軍50%になり、イニシアティブのダイスが同じだった場合はBraggの指揮に「ねじれ」がおこり、Polkをはじめとする「反抗的な司令官」たちが消極的になる可能性がある。

司令官のレーティングはまだ完了していないが、東西両戦域に登場する司令官のレーティングは似たものにする予定。これにより北軍のThomasより良い戦術値を持つ南軍司令官が少なくとも1人登場すると思われる(Longstreetのことか)。現時点でのレーティングは PolkとDH Hillが3-7、BucknerとWalkerが3-6である(4人とも南軍の軍団司令官)。Sharmanは軍司令官として登場する。

移動力のルールは現時点では従来のままだが、今後調整を加えていくかもしれない。

より先の話

NashvilleからAtlantaに至る西部戦域は、Chattanooga、Atlanta、Mufreesboro、Nashvileの4作でカバーできると思われる。

参考発言

このページへのコメント


  • なるほど、Braggとの相性ですか。そういう考え方もできるのかな。Shermanがアトランタを攻略するキャンペーンで、PolkはJohnstonの下で不運な死を迎えるまで、これと言った減点要因のない指揮を見せています。見せていますが、別に特筆すべき活躍もしていないように思います。それはそれとして、GCACWシリーズ的には、西部戦線はかなりエキサイティングだと思うので、大いに期待しています。 -- みやかわ 2007-02-11 (日) 17:24:02
  • Blue Vs Grayの評価を見てみたところ、DH Hillが「2-1-3xx」、Polkが「1-0-2xx」と明確に差がつけてありました。南北戦争西部戦域のことをほとんど知らない僕としては、今後こうして新しい情報にどんどん触れていけるのがとても嬉しいです。 -- たかさわ 2007-02-11 (日) 12:03:05
  • Consim World ForumでもPolkの評価が高すぎるとい指摘がありました。Ed Beachはいまのところ、Braggの指揮下にあるPolkは「評価は高いがBraggとの相性ゆえに働きが悪い」としたいようです。 -- たかさわ 2007-02-11 (日) 12:00:30
  • PolkとD.H.Hillが同じレーティングか...僕の中ではD.H.Hillの方が遥かに優秀な将軍というイメージだったのですが、Polkにも評価すべきエピソードがあるのかな。This Terrible Soundをちゃんと読まないと...。 -- みやかわ 2007-02-11 (日) 02:20:07
  • ここ1週間ほどConsim World Forumを見ずにいたら、タイトルが決まるなどの急展開となっており、嬉しいやらビックリするやらで大変です。 -- たかさわ 2007-02-10 (土) 19:49:51

Last-modified: 2014-10-13 (月) 10:51:39 (1826d)